メニュー 開く メニュー 閉じる

News

ソニーデザイン、国際的なデザイン賞の最優秀賞「iFゴールドアワード」を受賞!

2019.3.29

ソニーは、2019年の『iFデザインアワード』において、エンタテインメントロボット“aibo”(アイボ)、CineAlta カメラ「VENICE」、LED Power Lantern「CL-N810」の3件が最優秀賞である「iFゴールドアワード」を受賞しました。その他10件とともに、計13件が「iFデザインアワード2019」を受賞しました。
『iFデザインアワード』は、ドイツのiF International Forum Designにより1953年に設立された国際的なデザイン賞です。2019年は、世界52カ国、6,375件の応募があり、1,190件が受賞しました。その中から最優秀デザインとして66件に「iFゴールドアワード」が授与されました。

(エンタテインメントロボット“aibo”)

■「iFゴールドアワード」受賞製品 計3件
・エンタテインメントロボット“aibo”
・CineAlta カメラ「VENICE」
・LED Power Lantern「CL-N810」(国内未発売)

(CineAlta カメラ「VENICE」)

(LED Power Lantern「CL-N810」)

■「iFデザインアワード」受賞製品 計10件
・4K有機ELブラビア(R)「A9Fシリーズ」
・サウンドバー「HT-S200F」
・ステレオヘッドホン「IER-M9」
・ステレオヘッドホン「MDR-Z7M2」
・デジタルミュージックプレイヤー「DMP-Z1」
・XDCAM(TM)メモリーカムコーダー「PXW-Z280」
・ポータブルSSD「SL-E1」「SL-EG5」「SL-EG2」
・スマートフォン「Xperia XZ3」
・“aibo”ブランドデザイン
・ミラノデザインウィーク2018エキシビション“Hidden Senses”

Sony Startup Acceleration Program(ソニー・スタートアップ・アクセラレーション・プログラム)で事業化に向けたアイデア検証と準備を支援する「Incubation」サービスでは、プロデューサー・エンジニア・デザイナーの三位一体で伴走しプロトタイピングを支援します。