2022.02.24
アクセラレーター紹介

「社会課題の解決に変革をもたらしたい」

Sony Startup Acceleration Program(“SSAP”)のアクセラレーターは、新規事業の立ち上げを支援し加速するマインドセットとスキルを兼ね備えたプロフェッショナル集団です。それぞれが実際の事業経験を通じて学んだ豊富で専門的な知識を持ち、様々な分野で新規案件の事業化や収益化をサポートしています。

本連載では、SSAPに所属する多数のアクセラレーターの中から各回1名ずつをピックアップしご紹介いたします。

アクセラレーター堂道さん

堂道 有香 Yuka Domichi

――担当支援領域

組織開発・アイディエーション企画

・新規事業のアイデア発想をインフォセッションやワークショップ等のイベント運営の観点から支援

――担当事例

SDGs分野でアイデア創出支援や各団体の連携事業を担当

立命館大学

アクセラレーターインタビュー

――これまでのキャリアを簡単に教えてください。

大学卒業後は約5年間、国内のNPOが運営するフリースクールで教員として不登校の子どもやその家族の支援をしていました。その後、支援対象を世界中の貧しく抑圧された子どもたちに広げるべく国際NGOに転職。広報活動や開発援助・緊急人道支援に関するマーケティング活動、国内緊急人道支援(災害の際に避難所等で行う支援活動)等、幅広い業務を経験しました。その中で企画運営をした若年層向けアイデアコンテストが大きな転機となりました。アイデアひとつで誰かの人生を豊かにできること、また、その豊かさを持続させるためには寄付のみに頼らず、収益を出しながら社会課題を解決する仕組みが必須であることを強く実感しました。その後、ソニーグループに入社し、現在は国際NGOでの現場経験を活かしたSSAPのSDGs分野のアイデア創出支援や大学に対するインキュベーション、NPO、NGO、国際連合の連携事業を主に担当しています。

――支援するうえで大事にしていることは何ですか?

1つ目は「創出する笑顔の量」です。
国際NGOで働いていた際に貧しく抑圧された暮らしを強いられている人々の笑顔の少なさを開発途上国や難民キャンプ等で目の当たりにしました。また国際NGOとして支援する立場にいながら、奪ってしまった笑顔や救えなかった命がありました。そのような背景もあり、「創出する笑顔の量」を特に大事にしています。また単に笑顔の量を増やすだけでなく、創出した笑顔を持続させるために収益性も大事にしています。そのためにも笑顔にしたい相手、つまり想定顧客の生の声やニーズ、生活環境などを実際に五感で確かめることを強く推奨しています。

2つ目に大事にしていることは「多様性と混合」です。SDGs達成に貢献する商品・サービス開発やBOPビジネス(※)には、常識にとらわれない柔軟な発想を求められることが多いので、異なる立場の考えを混ぜ合わせ革新的な発想が生まれるように工夫しています。これまでの経験やネットワークを最大限に活かし、国際機関、NPO、現地企業、スタートアップなどを混合させ、オープンイノベーションを促進したいと思っています。

※開発途上国等の低所得者層に対し、製品・サービスを提供することで、当該国・地域の生活水準の向上に貢献しつつ、企業の発展も達する持続可能なビジネス

――SSAPの活動を通して実現したいことはありますか?

社会課題の解決に変革をもたらしたいです。具体的には、多くの人が収益をもたらしながらも社会課題を解決できるプラットフォームや仕組みを確立させ、そのプラットフォーム自体が持続可能な状態にしたいと考えています。人類が直面している社会課題の多さと規模に対して、ボランティア精神をもって無償で貢献するには限界があるため、いわゆる「支援する側」の持続可能性を模索していきたいです。
さらに地球規模の課題解決には一人一人の意識変革と参画が不可欠なため、SSAPを通して繋がった企業や団体等と協力し、さまざまな人にアプローチしていき、支援が社会に行き届くような仕掛けを作りたいです。

――オフの楽しみを教えてください。

最近の楽しみはゴルフです。まだまだ初心者なのでスコア120を下回ることが当面の目標です。ゴルフ場の美しい風景と自然の匂い、プレー中のポジティブな声掛けが特に好きです。また、プレーで疲れてきた頃のランチやプレー後の入浴も至福の時間です。楽しむだけでなく、ゴルフ自体をより良いものにするためのビジネスアイデアもいくつか温めています!職業病です…。イノベーションチャンスは身近なところにもたくさんあります。

オフの日にゴルフを楽しむ堂道さん
オフの日にゴルフを楽しむ堂道さん

――最後に一言お願いします。

SSAPのメンバーはまるでアメリカン・コミックスに登場するヒーローチーム「アベンジャーズ」です。メンバー全員が高い専門性とその分野での豊富な経験をもち、その強みをフルに活かしています。もし実現したい夢や願いがあるようであれば、ぜひ一度その想いをお聞かせください。アベンジャーズが寄り添います!

 

※本記事の内容は2022年2月時点のものです。

あらゆる人に起業の機会を。

Sony Startup Acceleration Programはソニーが手がけるスタートアップの創出と事業運営を支援するプログラムです。2014年から8年で、100件以上の事業化検証、19の事業を創出(2022年3月末時点)。それらを通じて培った経験やノウハウを生かし、アイデア出しから事業運営、販売、アライアンス・事業拡大に至るまで総合的に支援する仕組みを整備し、新規事業支援サービスとしてみなさまにご提供しています。

バックナンバー

アクセラレーター紹介

ランキング