2021.06.29

<組織開発支援編>SSAPのカスタマーサクセスをご紹介

Sony Startup Acceleration Program(SSAP)では、支援開始時にお客様とSSAPの共通ゴールとして「カスタマーサクセス」を定義し、ゴール達成に向けた最適な支援サービスをご提供しています。

新規事業では、想定外の課題が発生することが多々あります。そういった状況の中、ゴール達成に向けスピーディにかつ柔軟に支援させて頂くため「カスタマーサクセス」を設定し、成果物を明確にすることが非常に有用です。

【支援開始までの流れ】

  1. 現状確認
    お客様の新規事業開発における課題・ステータスを把握・確認します。
  2. カスタマーサクセスの定義
    支援期間終了後のSSAPとお客様の共通のゴールであるカスタマーサクセスを設定します。
  3. 現状と理想のギャップを確認し、支援開始
    現状と理想のギャップを確認し、カスタマーサクセス達成のために必要な支援内容を決定し、支援を開始します。

ここでは、新規事業を継続的に生み出すための仕組み作りをサポートする「組織開発支援」におけるカスタマーサクセスの実例をご紹介します。
SSAPの支援を受けるとどんな成果を出せるのか、少しでも気になる方はSSAPアカウントにご登録/ログインの上、続きをご覧ください。

お客様の新規事業アイデアのブラッシュアップをサポートする「事業創出支援」におけるカスタマーサクセスをご覧になりたい方はこちら

この記事は会員限定です。
アカウント登録(無料)をして続きをお読みください。

あらゆる人に起業の機会を。

Sony Startup Acceleration Programはソニーが手がけるスタートアップの創出と事業運営を支援するプログラムです。2014年から7年間で、60件以上の事業化検証、17の事業を創出(2021年3月末時点)。それらを通じて培った経験やノウハウを生かし、アイデア出しから事業運営、販売、アライアンス・事業拡大に至るまで総合的に支援する仕組みを整備し、スタートアップ支援サービスとしてみなさまにご提供しています。

ランキング